このサイトについて

瀬戸内海を共に守り未来につなげたい

 私は幼ない頃、戦火を逃れて家族で疎開し,母の故郷である広島湾に浮かぶ能美島の南端、深江に移住しました。困苦の中にも瀬戸内海の風光にやさしくつつまれ、家族の絆を深めました。深江の港には、櫓かいの小舟がゆったりと並んで、海も浜辺も美しく自然が溢れ、夏になるとわんぱく共は真っ黒に日焼けして歓声と飛沫を上げて海に飛び込み遊んだものです。白い砂浜には松並木が風にゆられて青々と輝いていたし、沖合いの大黒神島は、どこか神々しく我々を見守ってくれていいるようでした。島々の向こうに遥か遠く霞んで、ゆっくり動く大型船から憧れの未知の世界を想像できました。

 しかし、経済発展の裏で、松並木は消え、砂浜はコンクリートで固められ、海底のアマモはなくなり大黒神島は削り取られて無残な傷跡を晒し、今も尚、破壊は続いています。
 幾万年の昔から穏やかな多島美を誇る瀬戸内海は世界でも希な内海の景勝地です。この私達に与えられた素晴らしい自然の財産と四季折々の美のドラマを、写真で捉え多くの人々に観ていただきたい。そして子供の頃夢見た、あの海への憧れと感動を子や孫に、そして多くの人々に伝え、この素晴らしい瀬戸内海を共に守り未来につなげたいと考えこのサイトを立ち上げました。

瀬戸内海

著作権について

掲載されている写真の著作権は大島邦夫に属しています。無断転用を禁止します。

ページのトップへ